読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KMC活動ブログ

京大マイコンクラブの活動の様子を紹介します!!

今年もやります!! KMCアドベントカレンダー&KMCお絵かきアドベントカレンダー2016

KMCアドベントカレンダー2016

KMC 2回生で副広報*1id:utgwkk です。

KMCアドベントカレンダー

一昨々年一昨年去年と好評をいただいてきた KMCアドベントカレンダー を今年も始めます。参加者と日付は以下のページにてご確認ください!

さて、一日目は utgw (id:utgwkk) さんで、内容は「#nowplaying をリアルタイムに配信したい」と書かれています。一体どんな記事になるのでしょうか!? 楽しみですね。

記事一覧

アドベントカレンダーのURLが埋まり次第、こちらにも記載していきたいと思います!

日付 名前 内容
12/1 utgw (id:utgwkk) #nowplaying をリアルタイムに配信したい - 私が歌川です
12/2 kata スケベな絵を描くべきnの理由 - KMCアドベントカレンダー用のブログ
12/3 nojima (id:nojima718) 明日使えない Linux の capabilities の話 - Overjoy への道
12/4 nonylene
12/5 tyage dockerか、去年度の春合宿の話か、PHPの話を
12/6 dama 1年間の進捗
12/7 yu3
12/8 asragi
12/9 hatsusato 終焉のC++ とは?
12/10 nona7 root就任おめでとう
12/11 spi8823
12/12 sorah
12/13 walkure
12/14 uiureo
12/15 murata ごちうさ速報Bot
12/16 pastak (id:Pasta-K) 多分ポエム
12/17 balar 入部200日記念日
12/18 opesan みんゲー製作物とか
12/19 prime
12/20 tron
12/21 wass80
12/22 base64 いい感じのなにか(コドフェスとかddccとか書くかも)
12/23 tetsu 1223は素数だしかし20161223は素数ではない
12/24 hakurin KMC調理部
12/25 kyp まじか

KMCお絵かきアドベントカレンダー

また、今年はKMCお絵かきアドベントカレンダーもやります!!

www.adventar.org

KMCお絵かきアドベントカレンダーは、KMCの部員がイラストを描いていくアドベントカレンダーです。

1日目は asragi さんの担当です。どんなイラストを描いてくれるのか楽しみですね!

イラスト一覧

アドベントカレンダーのURLが埋まり次第、こちらにも記載していきたいと思います!

日付 名前 内容
12/1 asragi (id:asRagi) 【KMCお絵かきAdventCalender】部誌「独習KMC vol.10」表紙イラスト - らぎメモ
12/2 moko Cheek Pouch — [KMCお絵かき Advent Calendar 2016] Making of Huevember...
12/3 kurimotz シュトーレンかく
12/4 gnu 頑張る沿い
12/5 nona7
12/6 suzusime hoge
12/7 ryau (`・∀・´)
12/8 kebus
12/9 yu3 ドット絵を描きます
12/10 kata
12/11 nepnyan にゃあ
12/12 meta エモみを生むぞ
12/13 crys 1213は素数なので素数以外の何かを描く
12/14 mirenn 絵、絵、絵で死ぬ
12/15 asragi はぴば
12/16 moko ヨッシャ
12/17 hachi 描かなきゃ...描かなきゃ...
12/18 kurimotz おたんじょうび
12/19 murata 絵を描く強制力
12/20 maztani ベクタでなんか描く
12/21 haichi ゆるキャン最高だろうよ
12/22 haji82
12/23 zeta 描けたら描く。
12/24
12/25 hakurin メリークリスマス

宣伝

KMCこと京大マイコンクラブでは「KMCアドベントカレンダー|KMCお絵かきアドベントカレンダーに参加したい!!」という方を募集しています。KMCには入部制限はありません。また活動に関する制約もありません。Slack のチャット越しに会話に参加することだけでも大丈夫です。詳細は下記Webページを御覧ください!

*1:もうじき元副広報になります

Android アプリを作る2016・第四回

Androidアプリを作る2016

おはようございます、 id:nonylene です。

土曜日 (11/26) に、「Android アプリを作る2016」の第四回を行いました。

今回は Java の補足説明 (第三回の資料に含めてあります) と、AndroidStudio の使い方、プロジェクトの構成についてです。

speakerdeck.com

次回は二週間後で、Activity, レイアウト などを行おうと思っています。長い準備を終えついに Android 本番って感じですね!

ちなみに作成したレポジトリはここにあります。

github.com

今週の気付きなど

  • Android Studio, クリックしたことのないパネルがたくさんあって自分でも発見があった
    • 特に Run with coverage とか

「C#でゲームを作ろう2016」で使った資料を公開しました

こんにちは。KMC2回生、kmc-id: suzusime です。

表題の通り、今年の新入生プロジェクトであるゲーム制作技術講座「C#でゲームを作ろう2016」において使った資料を公開しました。

第1回

www.slideshare.net

第2回

レジュメ:http://mars.kmc.gr.jp/~suzusime/misc/csgame/cs_kiso.pdf ※スライドはあまり内容がないので割愛します。

第3回

www.slideshare.net レジュメ: http://mars.kmc.gr.jp/~suzusime/misc/csgame/monogame.pdf

第4回

※スライドはあまり内容がないので割愛します。

第5回

www.slideshare.net

第6回

復習回でした。

第7回

www.slideshare.net

レジュメ:http://mars.kmc.gr.jp/~suzusime/misc/csgame/cs_sekai.pdf

第8回

www.slideshare.net

第9回以降

進捗を生んだり作ったゲームの発表会をしたりしました。特に資料はありません。


こんな感じのことをしてきました。

当時の資料そのままなので少し読みづらいところがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

基本的には部室のプロジェクタにスライドを映して読みつつ、適宜コードを書いて動くようすを見てもらったり、レジュメを参照してもらったりしていました。 レジュメがあるのは、スライドだけだと忘れてしまうかもしれないけれどレジュメは後で見返して復習しやすいかなという意図によるものです。

……どうして今更資料を公開したかといいますと、なんと、このプロジェクトに参加してくれたひとの作品が、ちょうど今開催されている「京都大学11月祭」において展示されているからです!!!

詳しくは、

www.kmc.gr.jp

をご覧ください!

11/19(土)~22(火)の10:00~18:00(22日は17:00まで)のあいだずっと展示していますので、ぜひお越しください!!!

Android アプリを作る2016・第三回

Androidアプリを作る2016

こんにちは、 id:nonylene です。

昨日 (11/5) に、「Android アプリを作る2016」の第三回を行いました。

今回は Java のクラス継承とその他の文法について行いました。

せっかくなのでまんがタイムきららでクラス継承を説明してみました。

資料は以下になります。

speakerdeck.com

文法説明のための gist は前回と同じで、

Android アプリを作る第2・3回 Java の文法パート · GitHub

です*1

次回は三週間後で、補足説明が終わった後はついに Android です!! Android Studio の操作と、Android の概念について説明しようと思っています。

今週の気付きなど

  • まんがタイムきららで説明したらわかりやすくなった気がして良かった
    • 名前被りの関係で BaseMangaTimeKirara という概念っぽいものが生まれたけど…

ちなみに再来週の土曜日 (11/19) から火曜日 (11/22) までは京都大学の文化祭、 NF があります。京大マイコンクラブは今年もNFに出展します!! ぜひお越しください!!

*1:SpeakerDeck は URL クリックできないのでつらい

第50回コーディング大海を行いました

コーディング大海

こんにちは, 6代目ポセイドンのwass80です。 2016年8月8日(月)にコーディング大会を行いました。 遅くなりましたが, 成果発表の様子をレポートしたいと思います。

base64「TensorFlowで幼女を判別するための学習データを集める手動画像分類ツールを書いた 」

gnuC++で書かれた物理演算ライブラリLiquidFunをrustに移植した」

github.com

yuma「『BlenderとUnityの互換性は低い』という例会講座を準備した」

toyukan「レポートが終わらない」

hatsusato「レポートが終わらない」

gire「絵を書いた」

www.pixiv.net

僕は寝坊したので反省して夏コミの準備を手伝っていました。

次のコーディング大海は文化の日に設定したので, よろしくお願いします。

Android アプリを作る2016・第二回

Androidアプリを作る2016

こんにちは、 id:nonylene です。

昨日、 (10/29) に 「Android アプリを作る2016」 の第二回を行いました。

今回はセットアップの続きとJavaについての説明の前半を行いました。

第一回と第二回分の資料は以下になります*1

speakerdeck.com

Java パートの gist はこちらです。

Android アプリを作る第2回 Java の文法パート(前半) · GitHub

今回の気付きなど

  • Android Studio をインストールするだけで Android 自体のセットアップは終了しますが、Java をコンソールで試すためには結局 JDK のインストールが必要
  • コード例に適当に hoge ばっかり使っていると説明時に何が何だか分からなくなる
    • Hoge hoge = new Hoge().getHoge(); 😇

来週は Java 文法の後半を説明して、時間があれば Android Studio の操作法などをする予定です!お楽しみに!

*1:基本的な対象は何かしらのコードを何かしらの言語で書いたことがある人です

Android アプリを作る2016・第一回

Androidアプリを作る2016

こんにちは、 id:nonylene です。

先週の土曜日 (10/22) に新しいプロジェクトである 「Android アプリを作る2016」 の第一回を行いました。

このプロジェクトは Android アプリを書いたことがない人向けの入門プロジェクトです。

第一回では今後のプロジェクトの進め方や目標を決め、Android の概要を説明した後にセットアップを行いました。

これからは各回で気づいたことなどを書いていこうと思っています*1

今回の気づき

  • セットアップは AndroidStudio をダウンロードしてインストールするだけでよくなった
    • Android Studio 2.2 より OpenJDK が同梱されたので JDK のインストールも不要になりました。
  • Android Studio のダウンロードに 30 分ぐらいかかり、セットアップだけで終わってしまった
    • ダウンロード後もインストールに時間がかかり、さらに起動後も Android SDK のアップデートや AVD のダウンロードが必要でした。1時間以上見積もっておく必要がありました。

概要やセットアップ部分の資料は、次回の終了後に今回分とまとめて公開する予定です。お楽しみに!

*1:今のところ毎週行う予定です。